新川保育所のできごと

1月のきりんぐみ

1月はきりん組の希望献立!みんなで作ってみたい料理や食べたいメニューを決め、給食先生にリクエストできます。そして6種類のメニューを作ったり食べたりしました。 今回はその中の一つパン作りを紹介します。

きりん組の部屋にある小麦粉の絵本にパンの作り方が載っているのを見つけ「先生、パン作ってみたい!」の声からパン作りを決めました。
そしてみんなこの日に向けて「粘土で形を作る練習する!」と張り切って粘土のパン作りをする子たち、「からすのパンやさん」の絵本を見て「こんな形もおもしろいなぁ」と研究する子たちなど様々な姿がありました。

当日。
給食先生がパンを作る材料を見せながら説明してくれました。
強力粉、牛乳、バター、砂糖、塩、“魔法の粉“イースト。
「あ!絵本で見たやつと一緒じゃ~」と目を輝かせて見る子どもたち♪
「絵本では牛乳じゃなくてお水入れてなかった?」と気づいた子も、
すると給食先生が「お水でもできるけど牛乳の方がもっと美味しくなるんだよ」と
教えてくれました。新たな発見に「え!そうだったんじゃ」と嬉しそうな表情も…♡

「わぁ!生地が固まってきた。不思議だね…!」

しばらく生地を温かい場所で寝かせると、、、
「生地が膨らんでる!!なんで??」
「これが“魔法の粉“イーストのおかげなんだよ」
「へぇ~イーストってすごい!!」

「先生みてみて!のびる!」
「粘土よりやわらかいなぁ」
初めての感触をじっくり楽しむ子どもたち。こねこね...

「粘土みたいに上手く形が作れんなぁ」「難しい…」
「机で伸ばすと伸ばしやすいよ!」「指でギュって押したら穴があいたよ」
とそれぞれ色々な気づきや発見がありました。
パンを作るという同じ目的の中で気持ちを共有し、友だち同士で教え合いながら作っていく楽しさや充実感を感じている姿がありました。

完成~~!!!
それぞれ色々な思いのある素敵なパンの形ができました。
あとは焼いてもらうのを待つだけ♪

そして待ちわびていたおやつの時間がやってきました!
「見て!こんなに大きくなっとる」

「おいしぃ~!!」と思わずグットポーズ(笑)

「上を食べたら中から穴が出てきた!」

「楽しかったし、美味しかった!」
「自分たちで作ったからいつもより美味しい気がする♡」
「またやりたい~」
と満足そうなきりん組さんです。

その他にも手巻き寿司、スイートポテト、納豆のぱりぱり焼き、ハンバーガー、カレーうどんを作ったり食べたりしました。更に食材や作り方に興味をもったきりん組さん! 最近では「この給食の魚はなんじゃろ?」「給食先生に聞いてみよ」と以前にも増して食事を楽しんでいます♡

園庭開放

月曜日から金曜日の9時から11時

親子で気軽に遊びに来てくださいね!
お問い合わせもお気軽にご連絡ください!

TEL:(0865)66-1668

社会福祉法人 笠岡市社会福祉事業会
新川保育所
〒714-0057 岡山県笠岡市金浦737 /TEL(0865)66-1668
お気軽にお問い合わせください